長楽館の歴史

長楽館の歴史 日本史年表
1890 明治23年

村井吉兵衛が、日本初の両切り紙巻きタバコ「サンライス」を発売。

第1回衆議院議員選挙が行われる。
第1回帝国議会が開かれる。
教育勅語が発布される。

1894 明治27年

村井吉兵衛が、両切り紙巻きタバコ「ヒーロー」を発売。ユニークな宣伝効果もあり大ヒット銘柄に。

日清戦争が起こる(~1895)。
陸奥宗光が治外法権(領事裁判権)の撤廃に成功。

1900 明治33年

「ヒーロー」パリ万国博覧会で金賞
世界的水準をゆくたばこだった。

治安警察法が出される。
社会運動や労働運動の取りしまり。
幸徳秋水ら社会主義者が厳しく処罰される。

1904 明治37年

村井吉兵衛の別荘として、長楽館の建設に着手。
設計・監督:アメリカ人技師 J.M.ガーディナー
清水満之助(棟札)
内装装飾:東京杉田商店・京都河瀬商店

村井吉兵衛が村井銀行を設立。
「ヒーロー」が生産日本一に。

村井吉兵衛

日露戦争が始まる(~1905)。

1905 明治38年

長楽館、戦争で一旦工事中止。

ポーツマス条約が成立。
夏目漱石が「吾輩は猫である」を発表。

1907 明治40年

長楽館、6月に棟上。
地上3階、地下1階の建物は完成間近。
村井吉兵衛はこの年、帝国製紙を設立した。

3月29日 夏目漱石の日記に、長楽館建築中の様子が登場(漱石全集第13巻)。

日仏・日露条約が成立。

1908 明治41年

高木背水(たかぎはいすい)に、長楽館の壁画を依頼(1階迎賓の間の壁画)。

高木背水

日米紳士協約が成立。

1909 明治42年

長楽館、6月に竣工。
伊藤博文「長楽館」と扇額に揮毫。

5月25〜27日
韓国統監 伊藤博文、桂小五郎(木戸孝允)の墓参に入洛・来泊。
27日には井上馨(いのうえかおる)、渡邉昇、杉孫七郎両子爵、菊池京大総長(菊池大麓)らを招いて宴を催した。

6月11日
前アメリカ副大統領フェアバンクス氏来泊

10月7日
「雅会」が開かれる
西園寺公望、住友吉左衛門、
スズキ松平が主客であった。

伊藤博文

東京両国に国技館が開館。

10月 九鬼隆一男爵来泊

  • 西園寺公望
  • 菊池大麓
  • 井上馨

伊藤博文が満州のハルビンで、
朝鮮の青年に暗殺される。

1910 明治43年

4月26日
清国皇族哉濤溥洞両殿下来泊

5月
大隈重信伯、夫人并、高田早苗氏来泊

大隈重信

韓国を併合する。
石川啄木が「一握の砂」を発表。

1914 大正3年

第一次世界大戦が起こり、日本も参戦する。

1915 大正4年

長楽館、3階和室改造

11月
露国特派大使マレウイッチ氏、
位国特大使グイチョリー夫妻来泊

ジェームズ・
マクドナルド・
ガーディナー

中国に21か条の要求を出し、満州へ手をのばす。
芥川龍之介が「羅生門」を著す。

1916 大正5年

1月9日
宇野子夫人死去

1月13日〜16日
露国大公ゲオハルギーミハイロウイッチ殿下来泊

3月22日
閑印宮智恵子妃殿下、春仁王寛子、
華子両女王の3殿下御合泊

10月22日
李王殿下、ベデー博士一向御台臨

村井宇野子
1917 大正6年

日野西資博子爵の令妹薫(山茶花局)と再婚。

6月13日
加陽大妃殿下、久邇宮多嘉王

6月14日
村雲尼公来臨

ロシアでソビエト政権が成立。

1918 大正7年

7月1日
英特使コンノート殿下来泊。

富山に米騒動が起こる。
原敬内閣が発足。

1919 大正8年

長楽館、米国に一部接収され、設備等が一部改修。

村井吉兵衛 本邸「山王荘」が東京赤坂山王台に完成(武田五一設計)。

武田五一

パリ講和会議が開会される。

1920 大正9年

5月7日
英国大銀行家ヴァンダーリップ氏夫妻及び御令嬢来泊。

国際連盟に加入し、常任理事国になる。
戦後の経済恐慌が起こる。
第1回メーデーが行われる。

1921 大正10年

英国皇太子ウェールズ殿下国賓として御来朝、御台臨。

エドワード8世

ワシントン軍縮会議に出席する。
四カ国協定(日・英・米・仏)を結び、日英同盟を破棄する。
志賀直哉が「暗夜行路」を著す。

1923 大正12年

関東大震災が発生する。

1925 大正14年

米国ロックフェラー氏来泊。

ジョン・デイヴィソン・
ロックフェラー・シニア

普通選挙法が成立。
治安維持法が定められる。
ラジオ放送が始まる。

1927 昭和2年

長楽館、売却 村井銀行閉鎖。

1928 昭和3年

本邸を比叡山延暦寺大書院として東京から移築。

1954 昭和29年

土手富三、長楽館の土地・建物を購入。
株式会社長楽館(設立当時の社名=株式会社ホテル長楽館)設立。

1965 昭和40年

長楽館の隣接地にレディースホテル・レストランを建設・開業。

大韓民国と国交回復。
朝永振一郎がノーベル物理学賞を受賞。

1968 昭和43年

本館にて喫茶店開業。

1986 昭和61年

長楽館、京都市指定有形文化財登録。
多くの調度品と共に京都市有形文化財に指定される。

2008 平成20年

ホテル棟リニューアル。
フレンチレストラン「ルシェーヌ」、イタリアンレストラン「コーラル」がオープン。

コーラル天井に木村英輝氏によって650羽のハトが描かれる。

北海道・洞爺湖サミットが開催。
麻生内閣が発足する。

2009 平成21年

長楽館、築100周年。
木村英輝氏によって、ホテル棟1階にピーコック5羽が描かれる。

裁判員制度が始まる。
衆議院総選挙で民主党大勝。

2011 平成23年

本館ロビーにピアノ(ベイゼンドルファー1955年製)が設置される。

東北地方太平洋沖地震が発生。

2012 平成24年

庭師北山安夫氏によってコーラルの南面にテラスが作庭される。

東京スカイツリーが開業。

2013 平成25年

「京都を彩る建物や庭園」として京都市から認定される。
ヒマラヤスギとヒロハノナンヨウスギが、京都市東山区の「区民の誇りの木」に認定される。

2020年夏季五輪・パラリンピックの開催地が東京に決定。